お問合わせ

ご利用ガイド




fishingtackle

accessory

fishingtackle

K-FLAT
KEI jig SHARP 180g リミテッドカラー2022

販売価格

2,585円(本体2,350円、税235円)

購入数
カラー

K-FLAT KEI jig SHARP 180g リミテッドカラー2022

限定カラーやオリジナルカラーには、それぞれ色への理由がある。



このジグの特徴は3:7のウエイト配分を最大に活かした中層での
水キレの良いキビッとした動き。

派手なロッドワークをアクション時に入れるとフットボールのように
「どの方向に動くか予測できないイレギュラーなアクション」が容易に
行え、魚の動体視力を意識させて口を使わせることがポイントとなります。

初動位置から水平になる姿勢を作りだすGummy譲りの形状でジグを動かせてからの
惰性姿勢を水平に置くためのもの。

スピーディーなアクションでKEI Jigシャープを派手に飛ばし「喰わせの間」を
作る平松の得意なスタイルを再現。

ベイトサイズを意識した長さは、イワシ、サンマといったヒラマサ、ブリ、カンパチ
が最も好む長さで設計しておりワンピッチでのアクションで狙って頂きたい。

【重量】180g

【カラー】



・NO.58 ピンク.G(グロードット)/クラッシュホロ

細かなクラッシュホロが貼られ、定番となる鮮やかなピンク色が背に着色されたデザイン。
ブリを狙う安定カラーとして定着されているピンク色はその日一番に落としたいカラーとして選出。

ヒラマサとブリが共存しているエリアでも、なぜかブリはピンク色を好んで口を使ってきた。

こうした「実釣に於けるカラー効果」を長年体験してきたデータにより、ピンクバックを今回選択。
それにグローカラードットをプラスし、こうしたカラーパターンが出来上がりました。



・NO.59 ブルピン.G(グロードット)/ダイヤホロ

ブルーバックとピンクバック。両方のカラーがひとつのメタルジグに描かれたスタイルが、今回のカラーベースになっている。
ダイヤホロは懐かしさもあり、平成初期に人気となった親しみのあるホログラムパターン。

《ブルピン》と言う、良いとこ取りのカラーパターンにダイヤホロの派手さを加え、活性の高い青物狙いに打って付けのパターンに仕上がりました。

ブルーピンクカラーは、地方で人気は絶大。北陸エリアや東北や北海道などでは外せないカラーパターン。



・NO.60 赤金.Gドット/ゴールドホロ

今回の赤金カラーは、これまでのいわゆる塗りとは違い、ホログラムに重点を絞りました。

シルバープレーンのホログラムを貼ったのではなく、独自入手したトラックなどのデコレーションで使う「金色のプレーンホログラム」をそのままメタルジグに貼り、他メーカーにはない《ゴールド》を出す事に成功!

色の使い方はそれこそ限りなくあるだろうが、ベースを金色にした着色はこれまでに類がなく《当社調べ》同じアカキンカラーでも、高級感の出た配色になりました。

また、メタルジグや釣り針に金色を取り入れる効果は古くから実証されており、その効果は抜群。太陽光が斜めから指す時間帯、朝イチや夕暮れなど、太陽光に陰りが出ている時間帯に青物の捕食行動が活発となり、鈍く輝くアカキンに口を使います。



・NO.61 ブルーB(バック)ドット/ウロコホロ

徹底して、ベイトを意識したカラーパターンにしてみました。
人気のウロコ模様に見えるホログラムをベースにする。
それだけでも充分に使いたくなるカラーパターンに1日を通して迷った時にリセット出来るブルーをバック(背)に配色。

ウロコ模様のホログラムは玄界灘や中国四国地方からのリクエスト。
青物が常にベイトとしているイワシがメタルジグから一瞬でイメージ出来、信頼して青物を探り続けるからだろう。
私もカラーパターン化するテスト段階で「これは玄界灘のデカマサが狙えるぞ」と確信しました。

カラーパターンの実釣テストでも良い結果が現れた。使い手が嬉しくなるカラーパターン、
それがこのブルーB(バック)ウロコホログロードットです。


「2022年メタルジグリミテッドカラー」については、「いいぶさ日記」で更に詳しくご説明しております。
こちらも合わせてチェックしてください。



*色が若干変更になる可能性があります。

カートを見る

Search
Recommend
Pick up!
メルマガエリア
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら